和紙提灯の油引き

 

■油引きとは

当店では和紙製のオリジナル提灯を製造する際、簡易的な防水を施す場合に行われる油引きと呼ばれる作業をオプション加工として施す事が可能になります。

 

油引きとは、水分に弱い和紙で出来ている提灯に対して、一時的な防水効果を持たせる為に表面に油を塗ることです。

しかし、あくまでも提灯製造に使われる和紙に加工を施しますので、完全な防水と言う訳には行きませんのでその点ご理解のほどお願い申し上げます。

 

油引き仕上の提灯は、油引きをしてから防水(油引き)効果が現れるまでには、2~3週間程度かかります。その間、雨・夜露・風などを避ける為に戸外でのご使用についてはご遠慮ください。

 

■油引きのメリットとデメリット

▶︎メリット

提灯に簡易的な防水加工がされ、全体的な色合いの変化により趣が生まれる。

 

▶︎デメリット

油引きを行わない提灯の方が、耐久性が高い。

多少濡れる分には水を弾くが、完全防水ではない。

 

■保存の仕方

油引き仕上げをした提灯は特に、必然的にアブラムシなどが付着しやすくなります。

ですので、保存される際には、市販の防虫剤を中に入れ、新聞で包んで保存する事をオススメ致します。